英語が話せないけど海外転職するには?【海外就職経験者が解説】

English

「英語ができないけけど海外で働いてみたい!でもそんなことできるの?」

そんな疑問をお持ちではないでしょうか。

私はカナダの専門学校卒業後、就職活動をしてカナダの企業2社で働きました。

その間に多くの友人・知人で現地就職した人を見てきました。

私や友人の経験を基に、英語ができなくても海外で働くことはできるか、がっつりと解説していきたいと思います。

目次

英語ができなくても海外で働ける?就職・転職は可能?

海外就職・転職 英語

英語ができなくても海外で働けるかどうか、回答は「エリアと職種を選べば可能」です。

ではどのようなエリアや職種であれば英語力なしでも海外で働けるのか解説していきますね。

職種によっては英語が話せなくても海外就職は可能

ワーキングホリデー

まずは英語力がなくても海外で働けるのは職種が限られますが、あることはあります。

特に日系企業が多く進出している東南アジアでは、コールセンター、日系企業の事務の求人が多いです。

またカナダでも英語が話せない人でも日本食レストランで働いている人もいました。

以下、英語ができなくても働ける職種について詳しく説明していきます。

コールセンター

日系企業のコールセンターには東南アジアに拠点を構えているところがあります。

そのような企業では働いている人も日本人で、電話をかけてくるお客様も日本人になります。

そのため日本語さえできれば問題ないです。

またコールセンターによっては、経験を積めばリーダーのポジションを得られることもあるようです。

マネジメント業務までできるようになれば、多少日本に帰ってからの転職にも有利になるでしょう。

日系企業の事務

次にあるのが日系企業の事務です。

こちらもタイ、フィリピン、マレーシア、ベトナムといった日系企業が多く進出している国で求人を募集しています。

こちらも働いてる人も日本人なため、日本語さえできれば働ける職種になります。

日本で事務の経験があると就きやすい職種でしょう。

日本食レストラン

日本食レストランも日本語ができれば働けます。

メニュー名も日本語ですので、基本ローマ字読みで大丈夫です。

また注文を取る時も、「ワン カリフォルニアロール、ツー エダマメ」など、数字とメニュー名で確認できてしまえますね。

ただ本当に全く英語ができない場合、ホールスタッフではなくキッチンで働くことが多くなるかと思います。

またレストランによっては現地の人を雇ってる場合があるので、その時は多少英語か現地語を話せる必要があります。

バイヤー

バイヤーの仕事もほぼ日本語さえできれば働ける職種になります。

実際に私の知人の社長は、ほとんど英語・中国語は話せませんが中国を駆けずり回ってさまざまな商品を買い付けています。

話せる英語は簡単な数字とあいさつ程度ですが、結構儲かってますね。

このようにバイヤーの仕事も、もともとのコミュニケーション能力さえあれば語学力がなくても務まるでしょう。

英語力ゼロでも海外で働ける求人に応募する時に注意することは?

IT

以上が英語力ゼロでも海外で働ける職種ですが、単ぐにでも上記職種に応募しよう!と思ってる方は1点気をつけて欲しいことがあります。

それは帰国後のことも含めて、早る気持ちを抑えてご自身のキャリアについて考えてみることです。

多くの日系企業の現地採用は、そのままその会社での昇進にはつながりません。

特に伝統的な「ザ・日本企業」の場合、終身雇用が未だ前提なので現地採用から本社正社員への道自体がないんですね。

また現地採用では簡単な仕事しか任せてもらえないのでスキルアップが望みにくいです。

つまりスキルもつかず、簡単な仕事しかできず、日本に戻ったとしても転職先がない状況に陥ってしまいます。

自ら率先して動いて、現地採用でも自分で仕事を作ったり、駐在員の仕事を奪って実績を作るぐらいの方であれば転職につながるかもしれません(しかし、それをするのであれば最初から駐在員のポジションを狙った方が得です)

そうでなければ、ただただスキルもつかず時間を無駄にしてしまい兼ねないです。

ですので、転職活動を始める前に「なぜ海外で働きたいのか」を明確にするこおをおすすめします。 

なぜ海外で働きたいのか、目的を明確にしよう

海外転職

以上で説明したように、英語力がない状態で海外で働くには職種が限られ、またその後のキャリアアップも難しいものになってしまいます。

ですので、そもそも自分は何を求めて海外で働きたいのか、一旦洗いざらい紙に書き出してみることをおすすめします。

例えば、プライベートの時間でたくさん海外旅行したいのか。

日本の労働環境が嫌なのか。

また将来的に海外で起業したいのか。

海外の文化に触れたいのか。

人によってその理由は様々だと思います。

自分が海外就職に求めているものを書き出した後、もう一度見返して「本当にその働き方は海外でないとできないのか」を自問してください。

もしかしたら日本の外資系企業でも実現できるかもしれません。

そうすると海外に行く必要がなくなりますよね。

もちろん、いくら洗い出しても、最後は直感で!という理由になってくることもあるでしょう。

しかし、それでも海外で働きたい理由について洗い出しておいた方がその後の転職活動もスムーズになります。

日本の外資系でも実現できそうなら、外資系に強い転職エージェント

海外転職

先ほど洗い出した上で、もし「海外で働かなくても、日本にある外資系企業でも実現できそうだ」という方であれば、ひとまず外資系企業の求人を探してみましょう。

例えば、

  • 日本の年功序列な縦社会ではなく、フラットな環境で働きたい
  • 多様な国出身の人で構成された国際的なチームで働きたい

このような理由であれば、わざわざ海外まで出なくても、日本にある外資系企業でも実現できる可能性があります。

ただ外資系企業によっては、ほぼ全員日本人で日本の労働文化そのままの企業もあり、見分けるのが難しいです。

そこで内部事情に詳しい転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントによっては、企業に頻繁に足を運び、内部事情や社風に詳しいエージェントもあります。

以下の記事で外資系企業に強い転職エージェントを紹介しているので参考にしてみてください。

海外で働くなら海外就職に強い転職エージェント

転職エージェント

また「いや、私はやっぱり日本ではなく海外で働きたい!」という方。

そういう方はまず今までの経験で海外転職できるかどうか知るためにも、海外求人を扱っている転職エージェントへの登録がおすすめです。

海外求人は特に企業の成長戦略に関わってくることもあり、多くの求人が非公開求人となっています。

そのため、非公開求人を多く持っている転職エージェントへの登録がおすすめです。

以下の記事で海外就職・海外転職に強い転職エージェントを紹介しているので参考にしてみてください。

日本の仕事をリモートワークする方向もあり

フリーランス

「海外で仕事をしながら旅行がしたい。海外企業でなくてもいい」という方。

そういう方は日本企業のリモートワークや、またフリーランスになって日本の仕事を海外に持っていて働く働き方もできます。

実際に私もタイ、シンガポール、バリなどを数ヶ月に渡って放浪しながら仕事をしてみたこともあります。

リモートワークをするためには、まずは案件を獲得する必要があります。

一昔前であれば企業に直接営業するか、前職や周りの伝手を探して仕事を獲得する必要がありました。

しかし今はクラウドソーシングサイトで仕事を獲得できるんですね。

クラウドソーシングで特におすすめなのが、Lancers(ランサーズ)とCrowd Works(クラウドワークス)です。

この2つのサイトでは、特に場所問わず働けるWebライティング、Webデザイン・開発、その他デザイン、翻訳の仕事がたくさん募集されています。

まずは登録して自分にできそうな案件に応募してみてはいかがでしょうか

以下それぞれのサイトの特徴を手短に紹介しておきますね。

Lancers(ランサーズ)

ランサーズは日本最大のクラウドソーシングサイトで、様々な仕事が募集されています。

登録企業数は〇〇で、総取引額が〇〇円にも及びます。

私の友人のWebライターも、何人もこのランサーズで案件を取って稼いでいます。(というかほぼ全員が登録して使用しています)

ひとまず登録しておくべきサイトです。

Lancersへの登録はコチラ

CrowdWorks(クラウドワークス)

クラウドワークスもランサーズと双璧をなすクラウドソーシングサイトです。

こちらでもWebライティング、Webデザイン・開発の仕事、その他プログラミングや翻訳ができる人を多く募集しています。

獲得できる案件を増やすためにも、ランサーズと併用して使うといいでしょう。

上記2つのクラウドソーシングサイトに登録したら、後は自分が重点を置きたいものに絞って登録していくといいでしょう。

クラウドワークスへの登録はコチラ

Bizseek(ビズシーク)

Bizseekはシステム手数料が最安のクラウドソーシングサイト。

ランサーズもクラウドワークスも仕事を納品してお金をいただく際に何%かシステム手数料が取られます。

Bizseekではこのシステム手数料が最安なんですね。

案件数はランサーズやクラウドワークスの方が多いのですが、幅広く案件を探すのに利用してみるのもいいでしょう。

Bizseekへの登録はコチラ

企業に就職してリモートワークを狙う場合

フリーランスではなく企業に所属しつつ、海外にいながらリモートワーカーとして働きたい方。

この場合は日本でリモートワークOKな企業に転職する必要があります。

以下でリモートワークの求人が見つかる方法をお伝えします。

Reworker

リワーカーはリモートワークの求人のみに特化した求人サイトです。

2019年6月現在では160圏の求人が登録されているので、チェックしてみるといいでしょう。

職種としては、エンジニア、デザイナーなどのIT職から、ライター、コーポレートスタッフ、セールス、事務・アシスタント職が見つかるようです。

希望稼働日数を検索条件にすることもできるので、自分が働きたい分だけ働ける仕事が見つかりやすくなっています。

Reworkerへの登録はコチラ

コデアル

コデアルは特にITエンジニアに特化した、即戦力複業のための求人サイトです。

仲介手数料0で中抜きなしのサービスのため、企業担当者と直接交渉できます。

中には完全リモートワークの求人もあり、2019年6月現在では777件の求人が完全リモートワークでも大丈夫でした。

スキルに自信があるITエンジニアの方であれば特におすすめできるサイトです。

コデアルへの登録はコチラ

選択肢を広げるには英語力x専門性が必要

英語

リモートワークでもフリーランスでもなく日系企業でもなく、現地企業に就職して働きたい方。

最後にこの方に向けてどうやって英語力がない状態で海外就職するかについて説明していきます。

特に「海外で働く」と言うと、だいたいの人はヨーロッパやアメリカ、カナダ、オーストラリアなど欧米圏をイメージするのではないでしょうか。

ですので、特に欧米企業への就職について解説していきますね。

英語力ゼロでも欧米圏で働くには?

ITエンジニア

「英語力がなくてもできればアメリカやカナダ、オーストラリアなどの欧米圏で働けないか」

そう思う方もいると思います。

結論としては、全くのゼロでは厳しいですが、スキルがあれば多少英語ができなくても働くことは可能です。

特に欧米圏では語学力以上にスキル(専門性)が大事です。

欧米企業では募集要項に明確に求めるスキルレベルを書き、それがマッチする人のみ採用します。

なので高いスキルがある方は、少し語学力をプラスするだけでも就職に大きく近づきます。

英語力が不十分でも、企業に自分を採用するメリットと熱意を伝えれば採用されることもある

英語力が不十分でも、企業に自分をうまくアピールすることができれば採用されることもあります。

私の知人の話になりますが、彼は日本で元々マーケッターとして働いた実務経験がありました。

しかし英語力はカナダの就職には程遠い。TOEIC換算で400点台ぐらいでした。

それでも現地マーケッター職を得たんですね。

彼の場合、面接の前に応募した企業を隅々までリサーチし、自分がどうその企業に価値を与えられるか、提案資料を持って面接に挑みました。

採用担当はその提案資料に驚き、また彼にとてもいい印象を持ったようです。

そのかいあり、英語力は現地で働くには不十分だったものの、彼はカナダでマーケッターの職に就くことができました。

もちろんこの求人にはカナダ人やその他の国からやってきた人も応募していたと思いますので、素晴らしいの一言に尽きます。

このように多少英雄力がなくても、熱意を持って「自分が働くことで企業に与えるメリット」をしっかり伝えられれば採用されることもあります。

日本で専門性と英語力を高めながら海外就職を目指すのもあり

学ぶ

今現在高い専門性も英語力もないけど、海外(というか欧米圏の現地企業)で働きたい!という方。

どうしても働きたいのであれば、語学力と専門性を高めるしか方法はありません。

また海外で働くには就労ビザを取得する必要があり、一般的な就労ビザであれば雇用主(採用する企業)が費用を負担して手続きをする必要があります。

これらのハードルをクリアするために取れる選択肢としては、以下の2つです。

1.入学できる英語力を付け、専門性が身につけられる学校に留学し、現地で就職活動して働く
2.日本で実務経験と語学力を付け、海外で欧米圏企業に転職する

以下それぞれの道についてメリット・デメリット含めて解説していきます。

留学から就職コース

海外留学


留学から就職するコースを選択した場合、まずは「何を勉強するのか」を決めるのと、「留学が現地就職に有利になる国」について調べる必要があります。

「留学が現地就職に有利になる」というのは、要するに「就労ビザが取りやすくなるかどうか」です。

国によって現地学校を卒業した後、そのまま残って就職活動ができたり、また働けるビザが出たり出なかったりします。

まずはビザベースで調べて、少しでも海外就職しやすい国を選ぶといいでしょう。

私が調べた範囲では、シンガポールは留学して卒業しても一切ビザ取得に有利になることはありませんでした。

対してカナダでは、ワーキングホリデーも使え、また学校によっては通学した期間に応じて働けるビザが出る学校もありました。

このように留学先を決めるにあたって、まずビザベースで調べることをおすすめします。

入学要件を満たす英語力を付ける方法は3つ

留学するには、ほとんどの学校が必要な語学力を持っていることを証明することが必要になります。

多くの場合、TOEFLiBTもしくはIELTSの点数を求められることが多いです。

そして、だいたい欧米圏の通常の大学や専門学校に入学するのであれば、最低TOEFLiBTで80点、IELTSアカデミックで6.5点は必要になってきます。(学校によってはもっと高い点数が必要なこともあります)

その点数をどうやってつけるか、取れる手段は以下の3つです。

日本で英語力をつける

一番時間とお金のコストがかからないのは日本で英語力をつける方法です。

当たり前ですが、最もかからないのが、独学で必要な英語力を付ける方法。(私は独学で必要な英語力を付けましたので不可能ではないです)

次に英会話スクールを活用する方法です。

英会話スクールでも今は様々なスクールがあります。

以下の記事では独学で必要な英語力の付け方、格安の英会話スクールを利用した方法、そしてがっつりと英会話スクールを利用する方法の3パターン別に紹介しています。

ぜひ一読してみてください。

フィリピンに語学留学する

次に取れるのがフィリピンに語学留学する方法です。

カナダにいる時もフィリピンでの語学留学を経てカナダに留学している人が多くいました。

そのぐらいフィリピンの語学留学はメジャーなんですね。

フィリピンの語学留学でおすすめなのは、サウスピークです。

サウスピークの英語学習方法は、私が独学で英語を学んだ時に参考にした学習方法と同じメソッドを用いているので、確実に英語力が伸びます。

その他おすすめのフィリピン語学学校を以下の記事でまとめていますので参考にしてみてください。

あわせて読みたい

おすすめのフィリピン語学留学の学校

もしご自分で探される場合は、現地の語学学校を斡旋しているSchoolWithさんに相談してみるのもいいでしょう。

School Withに相談してみる

現地の語学学校に入学する

最後に紹介するのが現地の語学学校に入学することです。

この方法が一番お金がかかりますが、語学留学の時から現地の文化や習慣に馴染めるのは有利になります。

ただ語学学校によっては半分お遊びのようなところもあるので選ぶのは慎重に選んだ方がいいです。

またおすすめは民間の私立の語学学校よりもカレッジ付属の語学学校です。

カレッジ付属の語学学校がおすすめなのは、必要な語学力を身につけたらそのままその学校に入れることができる点。

特に学校によっては留学生の数を制限しており、入りたくても定員に達して入れないところもあります。

しかし既に語学留学のためにその学校に通っていれば、どのぐらいの応募が来ているか確認も取りやすく、入学もしやすいです。

特に公立のカレッジや職業専門学校への留学を検討している場合はおすすめの方法です。

日本で働いて実務経験+語学力をつけてから現地企業に海外転職コース

海外転職 日本でスキルを磨く

留学ではなく、日本で働いて実務経験と語学力を付けてから現地企業に海外転職する方。

この方はまず日本でスキルが付けられる会社に転職する必要があります。

既にどの職種で働きたか決まってる方は、早速そのスキルが学べる会社に転職しましょう。

20代であれば未経験でも採用してくれる会社はあります。

以下におすすめの転職エージェントを紹介していますので、当てはまる方はひとまず登録をおすすめします。

フリーター・第二新卒の方

場所問わず働きたいならITエンジニア・プログラマーがおすすめ

もしまだ職種が決まっていない方は、おすすめはITエンジニアやプログラマーです。

先ほどのリモートワークの章でも紹介しましたが、ITエンジニアはリモートワークもでき、かつフリーランスとしても働きやすい職種です。

また世界各国で人材不足なので、雇用されやすく就労ビザも取りやすいんですね。

ただ自分に向いてるかどうか分からない方は、ひとまずプログラミングスクールに通って確かめてみるのもありです。

以下の記事でおすすめのプログラミングスクールを紹介しているので参考にしてみてください。

海外就職に必要な英語力の付け方

また日本の会社で実務経験を付けつつ、語学力も磨いていく必要があります。

日本で働きながらなので、基本長期の留学はできない前提での学習方法になります。

一番時間とお金のコストがかからないのは日本で英語力をつける方法です。

当たり前ですが、最もかからないのが、独学で必要な英語力を付ける方法。(私は独学で必要な英語力を付けましたので不可能ではないです)

次に英会話スクールを活用する方法です。

英会話スクールでも今は様々なスクールがあります。

以下の記事では独学で必要な英語力の付け方、格安の英会話スクールを利用した方法、そしてがっつりと英会話スクールを利用する方法の3パターン別に紹介しています。

ぜひ一読してみてください。

英語力がなくても海外で働ける。しかしより選択肢を広げるには専門性と英語力が必要!

ワーキングホリデー

最後になりますが、最初に紹介した通り英語力がなくても海外で働くことは可能です。

ただその後のキャリアアップを考えると、正直あまりおすすめできないのも事実。

また英語力だけあっても、帰国した時に転職時に困ることになるので、やはり専門性も大事です。

専門性があって英語力があり、海外就職経験があればかなりその後の転職はしやすいと思います。

この方はカナダで10年以上働いている方ですが、英語力x海外就労経験があれば、転職可能性は10倍にも上がるようです。。

勉強はしんどいと思いますが、その後の人生の選択肢は何倍にも広がるので専門性と英語力を身につけての海外就職が個人的にはおすすめです。

この記事が、あなたの将来のグローバルに活躍する糧になれば幸いです!

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。